当園は… ヤマサカフルーツステーション

注意:当園は駅舎ではありません。ではなぜステーションと言うのかといいますと...

1つ1つの農家様を「駅」とし、その農家様…「駅」を応援、サポートするために当園が電車の役目となり、各農家様のところへ渡り歩きます。そして独自で判断した基準に満たす果物を、適切な価格で販売・協力し、それぞれの農家様を助ける役目を担えるようにという気持ちから”ステーション”という言葉をつけさせていただきました。

 

 

 

新規就農という道…

新規就農は、さまざまな問題とぶち当たります。

栽培に関わる時間や労力、道具(機材)の調達、販売ルート等があります。

多くの新規就農者は多くの問題で数年間は悩まされるといわれます。

そんななか、私は地元に多くのベテラン農家さんがおり、知識や経験を教えてくれました。また、直接的な労力とすると家族の協力が一番大きかったです。