耕作放棄地を解消したい!

甲府盆地で果樹栽培が盛んな要因として,

   ・水はけのよい扇状地

   ・暖かい山地斜面の発達

   ・長い日照時間

           などの自然条件が揃っている点

そのため、甲府市北部は県内最早場地域となっている。

しかし、そんな山地斜面も昔から畑だったわけではない。

 

すべて山林だった…

 

木を伐り、耕そうとするも、出てくるのは石ばかり。そんな石もうまく使い、段々畑のために石垣を作り、今では立派な畑となっている。

でも、そんな畑も今では継ぐ農家がいない

 

耕作放棄地になりそうな畑が見えない列を作り、待っている。

 

 標高350m、甲府盆地が見渡せて、富士山が見える

 

こんな場所を耕作放棄地にさせちゃいけないんだ!

 

 始めよう!耕作放棄地解消プラン

   

 

←写真の圃場は当方で貸借を受けている圃場で、桜井町地内で最も標高が高い場所にある葡萄畑である。


約3~4m程、背丈より高く伸びた雑草や雑木を乗用モアや刈払機、チェーンソーを使い、解消した状況。

(左)解消前(右)解消中

現状、この圃場は当方貸借中。

正式な所有者が判明せず、耕作が放棄されてしまった土地。

クズ葉がすごい勢いで、侵食してきている。所有者が分からないため、手を入れることもできず、除草剤をかけ対策中。